神の乳母3話のネタバレと感想

神の乳母3話ネタバレと、感想を公開中!

異形の触手で
子宮口を容赦なく攻め立てられ
動物のような鳴声で喘ぐ人妻

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

達磨さん転んだ × チンジャオ娘

神の乳母【3話】はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
3話は本編はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母3話のネタバレ

ベビーシッター初日から、異形にめちゃくちゃに侵されてしまった百合恵。

(もうこの家とは関わりたくない‥今すぐにでも逃げ出したい)

そう思ったが、神守さんに

「あなたは神の乳母に選ばれたの。逃げたらどうなるかわからない。あたたも、家族も…」

そう言われ逃げ出すこともできず、仕方なく異形の元へ毎日通っていた。

この異形、神守さんには決して逆らうことが許されないような底知れない恐ろしさがあった…

神守さんはいつも百合恵を異形の部屋に招き入れるとすぐにどこかへ出かけてしまう。

そして異形は百合恵が部屋に入ってくると、餌の匂いを嗅ぎつけた動物のようにのそのそとベビーベッドから出て百合恵に這い寄ってくる。

異形の体は最初に会った時よりも一回り大きくなっており、たった数日で成長するこの異様な存在に、そしてその糧になっているのが自分自身であることに吐き気を催すほどの嫌悪感を抱いていた。

百合恵の体によじ登り乳首にしゃぶりつく異形。

昆虫のような気持ち悪い異形に乳首を汚されるのは不快でしかなかったが、これから行われるであろう「より悍ましい行為」を思うと、百合恵は抵抗することもできずされるがままになるしかなかった。

乳首をしゃぶり続けられ、百合恵のアソコから体液が染み出てくると、その匂いに引き寄せられるように異形の触手は股間へと近づいてくる。

「…今日も…するのね…」

百合恵は家族の顔を思い出し、これから行われる陵辱に耐える覚悟をするのであった…

神の乳母3話
続きはこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
3話の続きはこちらから

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母3話を読んだ感想

神の乳母3話もやばいです!

まるで動物の交尾のような体勢で、異形の太く長い触手で侵される百合恵。

今回の異形は普段よりも激しく、百合恵の子宮口を徹底的に攻め立て子宮の中に入ってこようとしてきます。

(そこは愛する息子を生んだ場所…そこだけは汚されたくない‥)と必死に抵抗する百合恵と、そんな百合恵を容赦なく責め立てる異形。

二人の緊迫した攻防戦が見ていて興奮します!